トップ

葬儀を知らせる方法とは

葬儀のお知らせの仕方

パール

葬儀の連絡をメールで

家族の不幸があった際、喪主の方は友人や知り合いの方に近々葬儀だということをお知らせしなければいけませんが、昨今はメールなどで手軽に済ませる方が増えています。忌中である以上、急ぎの要件ではありますが、忙しい現代人にとって電話という手段は必ずしも適格とは言えなくなっています。仕事中の方などは電話など軽はずみに取れない方もいますので、メールは非常に便利な連絡手段といえるでしょう。また、お葬儀の日程や時間など口頭で伝えるよりも文章で書いた方が残りますので、時間間違いや会場間違いなどを避けることが出来ます。

失礼のないお知らせのメール

インターネット全盛の現代、昔のように電話や手紙で何もかもの連絡を行う時代ではなくなりました。葬儀のお知らせなどをメールで受け取った、または送信したという方もいらっしゃるでしょう。仕事中でも送信できるので相手の都合を気にしなくてよいですし、言った言わないにもなりません。しかし、マナーとして気をつけなくてはいけないことがあります。お葬式があると伝える場合、葬儀の時間やお通夜の時間、場所などを箇条書きにし、相手に必要な情報だけを伝えるようにしましょう。悲しみの中、行き違いがないように気をつけましょう。メールで失礼しますとひと言添えましょう。

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀を知らせる方法とは. All rights reserved.